ハイドロキノンクリーム

MENU

紫外線防御と美白肌

紫外線の防御が美白肌への最短ルート

 

シミの本体となるメラニン色素ですが、実は紫外線から皮膚の組織を守るために必要な成分です。

 

正常なメラノサイト(メラニン色素を作り出す細胞)は、紫外線を浴びた際、その強さに応じて
メラニン色素を産生します。

 

メラニン色素は、化学変化を起こさずに紫外線を吸収し、皮膚内の組織が、紫外線に傷つけられるのを
防御します。

 

なお、正常なメラノサイトから作られたメラニン色素は、ターンオーバーが進むことで自然となくなります。

 

HQの化学式

 

しかし、DNA異常が生じ紫外線を浴びない間もメラニン色素が産生されるようになると、シミができてしまいます。

 

この対処法の一つとして美白剤があります。ハイドロキノンやルミキシルペプチドなど、美白剤と呼ばれる成分はメラニン色素の産生を抑える働きがあるのです。

 

 

ただし、美白剤を使えば、必要なメラニン色素も作られにくくなるので、皮膚を防御するためには、日焼け止めを行う事がさらに重要となります。

 

ハイドロキノンの副作用  シミ対策に知るべき事 ハイドロキノンの濃度について

 

まだあったシミの原因  なぜシミができたのか?






紫外線対策と美白肌記事一覧

光で肌が老化する!ハイドロキノンたすけて!赤ちゃんの肌には、シミがありません。しかし、年齢を重ねるうちにシミはできてきます。つまり、シミは一種の老化現象と言えます。そしてその原因は、紫外線によるものが一番大きいのです。 紫外線にはメリットもあり、皮膚に当たることで活性型ビタミンDが作られます。ビタミンDは、骨の形成に関与し、骨粗鬆症を予防したり、筋肉の収縮をスムーズにするほか、最近の研究では、がん...