ピーリングジェル

MENU

ピーリングジェル

私の今のスキンケアでは「肌への摩擦」をNGとしています。

 

クレンジングや洗顔時にゴシゴシこする、ローションや乳液などをお肌に擦り込むように撫でまわす、ファンデーションを塗るときにパフでこするように塗る…などはもってのほかです。

 

せっかく手に入れたツルツルお肌も、「摩擦」が刺激となりトラブルの原因になるからです。

 

そんな私ですから、ピーリングジェルで角質をこすり落とすなんて…
ちょっと抵抗があるのですが…。

 

ピーリングジェルにはさまざまな種類があるようなのでちょっと見てみました。






例えば、ヨーグルトエキス・パパイン酵素が配合された商品です。

 

これはこの成分によってお肌を柔らかく潤し、酸化した皮脂を分解して他の成分によって汚れを吸着させて落とすというものです。
美容成分もしっかり入っているので、ピーリング後のかさつきはないそうです。
これには香料などお肌への刺激となるモノが入っているので、敏感肌の人には不向きかもしれません。

 

もちろん香料や防腐剤などが含まれていないジェルあります。
塗って素早く汚れを浮かし、軽くなでるだけでポロポロと落とせるモノもあったりします。

 

お肌への刺激とならないように、しかもピーリング後のケア成分も配合されているジェルもありました。

 

やはりここでも自分のお肌の状態やタイプを知っておく必要がありそうです。
キレイになりたい一心で、トラブルを起こさない選択をしたいものです。

 

除去したい角質のことを少しお話します。

加齢により乾燥したり、大気の状態で乾燥したりするお肌は、水分量が少なく、粉を吹いたように角質が剥がれ落ちる状態にあります。

 

そうなると肌のターンオーバーとは関係なく、未熟な角質細胞が作られていくそうです。

 

その未熟な角質が積み重なって、保湿力などのない不安定な角質層が出来てしまいます。
すると保湿力がないため、さらに乾燥から守ろうとどんどん未熟な角質細胞が作られるという、悪循環が生まれるという仕組み。
それによりちりめんジワが出てきたりするようです。

 

乾燥肌には必要ないと思いがちでしたが、こうした状況を考えると乾燥肌の人、乾燥に悩む季節でもピーリングの効果を期待できそうですね。

 

厚くなった角質層が邪魔をして、せっかくの美容成分がお肌に入らないのでは、スキンケアになりません。

 

思い起こせば私にも、忙しさのあまり、入っていかないのに気付きながらも、せっせとローションや美容液を塗っていた時期があったんです。

 

「角質ケア」に気付いて、今はホッとしてますけどね。

ピーリングジェル関連ページ

お家でピーリング
ピーリングのススメ