ハイドロキノンクリームのすべて

あなたの悩みを解決する「ハイドロキノン」そのすべてがわかります。

ハイドロキノン化粧品の効果

 

日本人の多くの女性がもつ肌トラブルでワースト1位はやっぱり「シミ・そばかす・肝斑」ですね。

 

美容クリニックや皮膚科へ行って「シミを消したい!」と相談すると、レーザー治療や、さまざまな高濃度美白成分が配合されたスキンケア用品、あなただけの専用のお薬(軟膏)を処方されたりします。
このサイトは、専門機関へ相談しなくても、有名な美白成分「ハイドロキノン」を活用することで、あなたのシミの悩みを解決出来るかどうか?それをを判断して頂くためにさまざまな情報をまとめた女性のためのサイトです。

 

こんな悩みに効果的

 

効果効能

 

シミ・そばかすの悩みを解決できるのは、やっぱりハイドロキノンです。
いますぐハイドロキノンクリームで悩みを解決したい方はこちらをチェック

 

ハイドロキノンは、日焼けによる「シミ・そばかす」のトラブルを解消出来る天然成分
(数ある薬剤の1つ)として、美容通イノベーターはもちろん、サロン業界・美容業界・医療業界では非常に知名度が高い成分です。

 

すでにご存知の方も多いと思いますが、この成分は、実は世界中で愛用されており歴史的にも古く有名なものなのです。

 

最近は化粧品に4%ほどのハイドロキノンを配合した美白クリームが人気をよんでいます。
(美容系のクリニックで処方されるものと同じような、高濃度に配合されたクリームです。)

 

昔からこの成分は、

透明感のある明るいお肌を保つための整肌成分
お肌の漂白剤
美白抗酸化成分

と言われており、メラノ細胞に対してピンポイントに働きかける事で、シミのポイントケアアイテムとして愛用されてきました。




こんな症状が私達を日々悩ませます

ハイドロキノンクリームの効果と市販調査
※注意 医薬品ではありませんので、効果・効能を説明する医薬的な文章ではありません。

 

ビタミンCもシミに対して効果的!

一般的に美容・美白・美肌に興味のある女性の皆さまにとっては、ビタミンCが美白成分としては知名度が高いです。レモンやさつまいもに多く含まれますよね。

 

ビタミンCは、シミの原因となる「メラニン色素」をおさえる働きがありますが
実は、すでに発生してしまったシミに対しては、あまり効果が実感しにくいようです。

 

しかし「ハイドロキノン」という成分は、メラニン色素をつくる細胞「そのものの数」を減少させる効果があり
今から出来そうなシミ
出来てしまったシミ、そのどちらに対しても有効に働きます。

 

ハイドロキノンとビタミンCのダブル使用で相乗効果が期待できそうですね♪

 

 

その効果は、ビタミンCを始めとする美白成分のじつに

10倍から100倍
もの力があるとされています。

 

シミケア成分の違い

 

大学の先生や薬品会社のコラムを読む限りでは、いろんな美白成分の中で、やっぱりハイドロキノンがシミに対しての一番の効果があると言われます。

 

 

※唯一の欠点は、お肌にこの成分があわない場合があるという事です。

 

その配合濃度にもよりますが、なんと約1〜5%の方がハイドロキノンを肌につけることで、赤味がでたり、腫れてしまったりするそうです。

 

その為、ハイドロキノンクリームをご購入された場合は、事前にパッチテストをしてお肌との相性をチェックするとよいと思います。

 

すべてのシミがこの成分により解消されるとは限りませんが・・現段階でこちらをこえるものはなかなかないと思います。

 

※その他、シミ取り成分といえば、ビタミンC、トラネキサム酸、近年注目されている「アスタキサンチン」も要チェックです。

 

シミを本気で消したいアタナは次の事に注意しましょう

規則正しい生活をしてお肌のターンオーバーを正常化させる事

紫外線を体に浴びない、感じないこと。(日焼止めはもちろん必須)

ハイドロキノンなどの美白成分を使うなら正しく使うこと。

美容クリニックにいくなら、正しく先生の指示に従うこと。

 

このサイトを通じて正しいシミ取り知識を身につけてもらえると幸いです♪

 

 

ハイドロキノンは多くの医療機関で市販されていますし、お近くの薬局にもあると思います。しかし、近年インターネットで医薬品の販売が許可されたこともあり、医療機関でなくとも簡単に医薬品が入手出来てしまいます。

 

ますます身近に医薬品(薬)やドクターズコスメ(医者が処方する化粧品)が広まります。
インターネットで購入する場合は「アフターケア」が万全な信頼のあるお店で購入するように注意しましょう。

 

ところでですが、日焼けするとシミやしわになることはもうご存知だと思いますが衝撃的な動画を発見!


みなさ、、こうならないように必ず日焼け止めを使いましょう。また、出来てしまったシミにはシミ取りクリームで対策ね。

 

図でみてわかるシミ取り方法

シミを取る方法は実は沢山あります!
シミが出来る仕組み

 

この→の部分を対処することでシミを防ぐ、消す事ができるのです!

 

シミ対策

 

つまり、メラノサイトの活性化を抑制し、さらにメラニンが抽出させることも防ぐダブルパワーで動くのは「ハイドロキノン」なんですね。

 

 

人気のページはこちらです

ハイドロキノン人気商品一覧  ハイドロキノンの効果について

 

ハイドロキノンの副作用  メラニン抑制メカニズムについて

 

シミの発生メカニズムについてはこちら

シミ対策の前に知るべき事

更新履歴