シミ、シワの原因は光老化

MENU

ハイドロキノン通販で悩み解決!シミ、シワの原因は光老化

光で肌が老化する!ハイドロキノンたすけて!

赤ちゃんの肌には、シミがありません。しかし、年齢を重ねるうちにシミはできてきます。

 

つまり、シミは一種の老化現象と言えます。そしてその原因は、紫外線によるものが一番大きいのです。 

 

紫外線にはメリットもあり、皮膚に当たることで活性型ビタミンDが作られます。

 

ビタミンDは、骨の形成に関与し、骨粗鬆症を予防したり、筋肉の収縮をスムーズにするほか、最近の研究では、がんの抑制作用についての報告もあるようです。

 

 

 しかし、紫外線が老化を促進させるというデメリットについて、数多くの報告がされています。

 

まず、紫外線の中でも波長が長いA波(UVA)は、真皮まで到達し「フリーラジカル反応」と呼ばれる連鎖的な酸化反応を引き起こします。

 

フリーラジカル反応が起こると、皮膚のハリを維持するのに必要な成分であるエラスチンやコラーゲンの分解酵素(エラスターゼ・コラゲナーゼ)が活性化します。
・・・活性化しないでほちい・・






すなわち!

すなわち、紫外線A波により、エラスチンやコラーゲンがどんどん破壊されていくため、皮膚がハリや潤いを失い、シワやタルミが生じるのです。

 

また波長が短いB波(UVB)は、表皮内でメラノサイトやケラチノサイトの遺伝子を傷つけます。

 

メラノサイトの遺伝子が損傷すると、メラニン色素が異常産生され、ケラチノサイトの遺伝子に異常が生じることで、ターンオーバーが乱れます。このようにして、シミができてしまうのです。

 

これらの紫外線によりシワやタルミ・シミといった老化現象が進むメカニズムを総じて「光老化」と言います。

 

最近の皮膚科学では肌老化の原因のうち、80%が光老化(残りの20%は自然老化)であると考えられています。 光老化は正しくケアすれば進行を抑えることができます。

 

その方法は大別すると3通りあります。

まず第1に紫外線の防御、次いで、紫外線が引き起こすフリーラジカル反応を軽減すること、そして、紫外線から受けたDNAのダメージを修復することです。

 

これらの方法を並行して行えば、光老化の抑制効果は大きくなります

 

ちなみに、ハイドロキノンは異常(DNAダメージ)になったメラノサイトに直接働きかけ、メラニン(シミの元)を作らせなくします。
結果、時間の経過とともに、お肌が生まれ変わり、シミがなくなるというメカニズムなんですね。

 

このように、ハイドロキノンは強い成分である為、ハイドロキノンを配合した化粧品を販売する通販ショップは、主に美容系のクリニックや薬局・薬店の通販ショップと決まっております。

 

一般的にテレビCMをしているような化粧品を、広く沢山取り扱うお店では、どうしても細かいケアができないためこういったドクター系の商品の取扱にはむいていません。

 

ハイドロキノン配合の商品は、安心できるクリニック通販、薬店通販でのお求めがよいと思います。

 

日焼けは怖い!

ドクターズ系のお肌にやさしい日焼止めランキングをチェック!
日焼止めランキングについて