ハイドロキノンの効果について

MENU

ハイドロキノンの効果と濃度の関係について

ハイドロキノンの濃度とその危険性

それでは、ハイドロキノンを濃度別に効果や特徴をみていきましょう。

 

ハイドロキノン1〜3%濃度

刺激性がすくないのが利点です。

 

この配合濃度だと一般的に安全性は高いと言われていますが、ハイドロキノンの効果や即効性が低くなります。

 

ただし、半年以上の時間をかければシミをケアすることの効果は感じられるとおもいます。
3%までの濃度であれば顔全体につけても基本的に問題ないとされています。

 

それでも、お肌が弱い人は、この濃度でもピリピリ感など刺激を感じる場合もありますので濃度が薄くてもご注意下さい。
問題なし

 

ハイドロキノン4〜5%濃度

 

ハイドロキノン
4%なら問題ないにしても、5%だと、なにも予備知識がない状態で、シミ・そばかす対策として安易にハイドロキノンを試すのが危険なレベルです。

 

通常は美容クリニック、美容皮膚科で医者から処方されるものとされていますのでインターネットで購入する場合は、必ずお肌にあうかテストしてから使いましょう。

 

パッチテストをしよう

 

それさえクリアすれば、非常に重宝するアイテムとなります!

 

まったく刺激を感じなく、問題なくご利用されている方にとってはインターネットで手軽に購入出来るようになったのは非常に嬉しいです。

 

また、即効性が感じられると思います。敏感肌の方は、刺激がつよいのでピンポイントの利用、パッチテストなどをお試し下さい。
※即効性と言いましても、お肌の生まれ変わりには約2ヶ月(ターンオーバー)かかるとされています。

 

お肌に合うかあわないかは、ビタミンA配合の化粧品とハイドロキノン配合の化粧品が主にありますが、両方ともお肌にさえあえば、すばらしい効果を発揮する化粧品だと思います!






ハイドロキノン5〜6%以上濃度

 

市販の上限値を超える濃度とされています。購入する場合は、販元の信頼度に大きく左右されます。

 

たまに、濃度が10%のものがインターネットで販売されてますが通常は、このレベルの濃度は、医師からもなかなか処方されないので十分に注意してください。

 

副作用やトラブルの可能性があるので必ずテストをしましょう。

 

濃度が高いハイドロキノン配合製品を利用する場合は、ステレイドとの併用がよいとされています。
問題あり

 

ハイドロキノンはシミ対策に非常に有効な成分とされていますが、使い方は十分に注意が必要です

使用前には、パッチテスト、使用中は日焼け止めを必ず利用しましょう。
ご利用中は日焼けにも注意しましょう

 

 

ハイドロキノンは高配合であればいいのか?
高配合だと効果は高いです。

ただし、5%以上配合されているものは医師の判断を仰いだほうが懸命ですね。

ハイドロキノンにリスクはありますか?

ハイドロキノン配合の化粧品には特に日焼けによるシミやそばかすに効果はありますがやはり、リスクもあります。

 

ハイドロキノンの配合が高いとその効果も実感しやすいですが人によってはお肌にピリピリと刺激感を感じてしまう場合があります。

 

また、メラニン(シミの元になるもの)の産生を防ぐため、日焼けに対して無防備になります。使用中は必ず日焼け止めが必要となります。

 

北陸初のビューホットでワキガ対策
手術いらず!福井メディカルビューティセンター!北陸でワキガ治療最新導入店でした!

 

人気のページはこちらです

ハイドロキノン人気商品一覧  ハイドロキノンの効果について

 

ハイドロキノンの副作用  メラニン抑制メカニズムについて

 

シミの発生メカニズムについてはこちら

シミ対策の前に知るべき事

 

 

みんなの声