シミ対策の前に知るべき事

MENU

突然のシミにご注意を

今年もお肌にあった日焼け止めをつかって、日やけ対策をしてください。

 

日焼けはこわいです。日焼けしてしまうと突然シミが発生してしまいます。

 

ぶちワンちゃん






シミ対策の前に知るべき事記事一覧

老けて見えるからシミなんて作りたくないけど・・。作るのは簡単なの!?シミ発生のメカニズムを公開!いつまでも若々しくいるためにシミが出来る原因を知っておこうシミが発生するメカニズムを紹介1、紫外線を浴びる紫外線を浴びると、肌の表皮(皮膚表面から0.2mほど奥のところ)にある基底層からメラノサイト(色素細胞)がメラニン(色素)をつくります。これが「日焼けした状態」です。メラニンは本来紫外線を浴びる事で...

美容通なら知っている!シミの原因を抑えよう光老化そもそものシミが出来る最大の原因は紫外線です。お肌は光(UVA、UVB)で老化するんですね。不摂生紫外線を浴びても、正常なお肌なら1ヶ月ですべて生まれ変わるのでシミは出来ないのですが、不摂生な生活をしているとホルモンバランスも乱れ、正常なお肌の生まれ変わり(ターンオーバー)ができずシミとして残ってしまうのです。皮膚への過剰な刺激ゴシゴシお肌を擦る事は...

シミを予防するには、原因を抑えればいいのです!まずは日焼け止め!日焼けどめを忘れずにつけて、日焼けをしない事です。曇りの日でも紫外線はたくさんお肌にダメージを与えますよ。規則正しい食生活を!現代人はどうしても不規則な生活になりがちです。規則正しい生活が難しい方は、健康食品、サプリメントを利用して栄養を補うのもよいと思います。一般的に下記の成分がメラニンの発生をおさえ皮膚のターンオーバーを促します。...

シミ取り成分といえば、ご存じハイドロキノンが定番刺激がつよいので、お肌にあったハイドロキノン製品に巡りあえばできてしまったシミに対しても有効に働きます。※Google画像検索よりさがしてみました。※某クリニック画像参照実際に、長期間(約1年ほど)利用しても症状が改善されない場合は、ハイドロキノンでは対処できないシミ、つまりメラニンの異常暴走によるシミではないと判断できます。ハイドロキノンが活躍する...

シミ取りレーザーっていい響きですね。実はシミを取るための美容レーザーの技術があるのですが、美容外科にいってシミについて相談するまえに予備知識を身につけておいて下さい。まず、始めに私は、顔に肌色ではない薄いグレーの色が浮かび上がれば、全てひっくるめてシミと言っています。みなさんはどうですか?テレビのCМで「肝斑(かんぱん)」と聞いたことありませんか?見た目は多分だれもが区別できないと思うのですが、シ...

シミについて学び、感じた事皮膚の外側からの治療やケアばかり目につきましたが、そういえば体の内側からのシミケアもあったんだということです。確かに見たことありますよね、成分でいうと「L−システイン」と言うもの。この成分には肝臓の解毒作用があり、デトックス効果を発揮します。もちろん皮膚の代謝にも関わっていて、メラニンの生成を抑えたり、メラニンを排出する働きを持っているため、シミ取りとまではいかなくとも長...