ハイドロキノン通販

MENU

シミにはハイドロキノン通販

美白成分配合の化粧品を選ぶ。

楽天通販やクリニック直営通販でハイドロキノンを選択するケースはありますが、ハイドロキノン以外にも美白成分を含む製品は沢山あります。

 

シミを何とかしたいなら、美白成分を含んでいる化粧品を使うのは、非常に有効です。

 

ここであげる「美白成分」とは、メラニン色素の量を減らすように働くものを指します。
メラニン色素が作られる反応を抑える働きをしますが、どこで反応を抑えるかは成分により違います。

 

美白成分はこれから作られるメラニン色素を減らすように働くものです。
ですからできてしまったシミを、消すのではなく、しみを予防するという働きの方がメインです。
※ハイドロキノンは出来てしまったシミから退治するのでやはり侮れませんが・・

 

ちなみに、どこに作用するかで美白成分は以下のように分けられます。

 

チロシナーゼ酵素を阻害するもの。
エンドセリンを損害するもの。
プロスタグランジンを損害するもの。
その他

※その他は、メラニン色素をつくる際に働くDNAに働きかけるもの。チロシナーゼ酵素自体が作られるのを防ぐ等です。






美白成分の種類

A 厚生労働省が効果を認めたもの。
厚生労働省が効果を認めたもの。

1 アルブチン (チロシナーゼ抑制効果) コケモモから抽出された成分
2 エラグ酸 (チロシナーゼ抑制効果) イチゴから抽出された成分
3 ルシノール (チロシナーゼ抑制効果) 北欧のモミの木の成分をヒントにして生まれた成分
4 ビタミンC誘導体 (チロシナーゼ抑制効果) リン酸型ビタミンC等のビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの
5 プラセンタエキス (チロシナーゼ抑制効果) 豚の胎盤から抽出された成分
6 カモミラET (エンドセリン伝達阻害効果) カモミールから抽出される成分 抗炎症作用あり
7 トラネキサム酸 (プロスタグランジンE2抑制 チロシナーゼ抑制効果)
8 t-シクロアミノ酸誘導体 (プロスタグランジン抑制効果)
9 リノール酸 (チロシナーゼの量を減らす効果) 植物油から抽出

 

上記の9つの成分のうちのどれかを含んでいれば、美白化粧品として、医薬部外品の認可を受けられる

 

B その他の美白成分
化粧品の成分として認められ医療機関で扱われている即効性があるとされるもの強力なもの!

 

● 油性甘草エキス(グラブリジン)(チロシナーゼ抑制効果)
甘草から抽出された成分 消炎効果がありかぶれにくく肌の弱い人でも使いやすい。
ハイドロキシン (チロシナーゼ抑制効果)
● 火 棘エキス 、ルムプヤン、イモニガショウガエキスなど

 

美白美容液を毎日のお手入れに使い、新作のシミ予防に、役立てましょう。

シミをみる女性

美白化粧品は美容液かクリームタイプの様に使いやすく毎日続けられるものを選びましょう。

 

また、スポットタイプのものや顔全体に使えるものがあります。内容成分を確かめ、ご自分に合う美白成分を選びましょう。
美白効果を高めるために、攻めのスキンケアとしては、ピーリングをオススメします。

 

【垢抜ける】という言葉がありますが、垢が抜けるまで使い続けると、剥き卵のようなつるんとした、肌に生まれ変われます。
但し、ピーリング後の保湿の手入れ、肌を作る食品やサプリメントをきちんと摂る事が大前提です。

 

肌に栄養を与えるお手入れをしましょう。

 

しみを薄くしたり、また新たなシミや、ソバカスを作らない栄養としては、ビタミンCが有効です。果物や野菜等から取り入れたり、サプリメントを利用する事を意識して積極的に取り入れましょう。肌は内蔵の鏡と言われるように、毎日の食生活がとても大切です。

 

その上で、肌へ栄養を与える化粧品を使ってみましょう。肌の栄養として、ビタミンB群、C、Eなどを取り入れるようにします。ビタミンC誘導体が入っている化粧水や美容液、クリームでのスキンケアがオススメです。コラーゲンの合成促進や美白など様々な効果があるためです。

 

最近では美容補助食品として、発売されているサプリメントも沢山あります。これらを上手に利用して【守り】を進化させた、しみ対策をしていきましょう。

 

ハイドロキノン通販サイトをチェックして下さい。


くれぐれも信頼のおけるサイトでのご購入をオススメします!