MENU

ハイドロキノン配合 スキンピールバー

もとに戻る < 管理者コラムです > 次へ

 

ハイドロキノール

 

『スキンピールバー』という名前の石鹸を見つけたのは、ハイドロキノンが配合された石鹸を探していてのこと。

 

他にもハイドロキノンの配合された洗顔フォームなんかもありましたが、スキンピールバーにはくすみを無くしたいタイプ用の他に、敏感肌・乾燥肌タイプ、普通・脂性肌タイプ、ニキビ肌タイプと4種類もあるんです!

 

そもそもスキンピールってなんのことか初めはピンとこなかったのですが、良く考えたらピーリングのことなんだって納得して、更にもっと知りたくなりました。

 

ピーリングって確か古い蓄積された角質を落としてお肌つるんつるんみたいなイメージがあります。1

 

0年以上前になるかな〜、エステの広告や雑誌なんかで騒がれた時期もあったような…。

 

そんな頃は定期的にというよりはお試しエステでお安くピーリングをしてもらう程度で、確かにピーリングした後はざらつき感がなくて、すっきりつるつるでした。






ピーリングはちょっと怖いイメージ

でもピーリングの意味が『皮をむく』とか『剥がす』ということもあって、多少の恐怖感があったのを覚えています。肌の敏感な友人がピーリングの後ヒリヒリしたとか赤くなってカサカサになったとか聞いていたから余計に心配でした。

 

私の場合はピーリングをしてもらったお店によって、それぞれ症状が違っていたので、単にピーリングに使う石鹸なりクリームなりの違いと、施術の仕方で違うんだろうなって思ってました。

 

そんな中でエステティシャンの友人にしてもらった時、使うもの全ての用途を説明してもらったことがあります。『ピーリングに使うこれは堅くなった角質を柔らかくしてそっと洗い流す(ふき取る)だけだから大丈夫だからね。』とその時初めて恐怖心が取れたんです。

 

その当時も日焼けとかでくすみがちだったので、一回の施術では、ざらつきが無くなり少し明るくなったくらい。

 

もっと通いたかったけど忙しくてなかなか行けなかったのが現状でやっぱり続かない…。

 

 

でもピーリングがいいと感じて市販のモノを試したいくつか試したことはあります。
でも結局自分で判断して使ってみても、角質を取り過ぎてるんじゃないかと心配になってやめてしまったりしてました。

 

私の理想は、自宅でのスキンケアでエステに近いケアが出来ること!

 

ときどきサボってしまってもまた再開出来て、肌にやさしくて時間は掛かっても続けていくうちに、あら!きれい!!がいいですよね〜。

 

そういう視点から見ても、この『スキンピールバー』は4つの肌タイプから選べて、しかもこれってクリニックで取り扱われているピーリング石鹸だと謳われているので安心感があります。

 

ピーリング石鹸では、泡パックをするのも効果的!
あわの顔

 

くすみにさよなら出来そうな予感です。