自分にあったシミ取りを

MENU

自分にあったスキンケアでシミを克服する!

シミについて学び、感じた事

 

皮膚の外側からの治療やケアばかり目につきましたが、そういえば体の内側からのシミケアもあったんだということです。確かに見たことありますよね、成分でいうと「L−システイン」と言うもの。

 

この成分には肝臓の解毒作用があり、デトックス効果を発揮します。

 

もちろん皮膚の代謝にも関わっていて、メラニンの生成を抑えたり、メラニンを排出する働きを持っているため、シミ取りとまではいかなくとも長い目でみれば、結果的に内側からのケアとしては正解かもしれません。

 

その配合量によって、用途はさまざまなのでそれ専用のサプリを見つけるといいと思います。

 

ただメラニンの生成を抑える効果が効きすぎるとどうなると思います?
これはたまたま見つけた情報ですが、髪の毛の色素ももちろんメラニンからなるので、白髪が増えたなどの副作用的な意見もあるのです。
シミにびっくりする女性






取り過ぎにはご注意を

さて、シミ取りにはいくつかの方法がありましたが、どれも最低1年以上は様子を見ないと結果が期待出来そうにありません。

 

シミを放置せず、直ちになんらかの手を打った場合には、それなりの効果がすぐに現れるのだと思います。

 

長年放置されたシミの予備軍は、のちに無数のシミとなって浮かび上がります。

 

私も以前、シミの予備軍が色で見える装置の中に顔を入れて、見たことがあるんです。
かなり驚きましたが、それ以来スキンケアへの取り組みが変わったのも確かです。

 

今見えないシミの予備軍へ、ちゃんと働きかけてくれる化粧品へと変えていったのは言うまでもありません。
そしてその予備軍の存在を知ったことで、10年後の自分の肌を意識して、早めに手を打つこともなんとか出来ているような気もします。

 

 

放置して出来たシミをレーザーで治療するよりも、私はクリームやエッセンスで気長にやっていきたいと思うのです。
実際、塗らないよりはいいか〜くらいの気持ちで塗っていたエッセンスで、薄くなり今ではわからなくなってきているんですもの。
悩む女性

 

どちらにせよ、シミ取りにはリスクもコストもかかることは免れません。
それよりも、シミを作らない「予防」に力を注いだ方がいいと思いません?

 

目に見えない体の中の状態を見直すことも大事です。
出来てしまったシミにも、予防することが効果として現れてくるだろうとも思います。

 

加齢によるものとあきらめる必要もないです。
本当に精神的に苦痛なら、レーザーで除去することもいいでしょう。
お肌は正直なので、体調も気持ちもすべてが現れます。

 

いずれにしても、今の自分に合った、最良のシミ取りを見つけることをお勧めしたいです。

自分にあったシミ取りを関連ページ

1,シミのメカニズム
シミのメカニズムに注目した情報サイトです。もうすでに明かされている!シミの発生メカニズム。
2,シミの原因
シミの原因ってなんでしょう。光老化、不摂生、皮膚への過剰なし激、喫煙などいろいろあります。シミの原因を知ることが美白の近道です。
3,予防法&対処法
シミが発生する仕組みを理解し、シミ予防をこころがけましょう。原因を理解し、正しく美容ケア!
4,シミ治療「ハイドロキノン」って?
古くからシミやそばかす、肝斑についてはハイドロキノンという成分が効果を発揮すると言われております。そのハイドロキノンについて学んでいきましょう。
5,シミの治療に美容レーザー
シミの種類に応じたシミ取りレーザーについて学びましょう。