なぜシミが出来たのか?

MENU

ハイドロキノンの前に

 「なぜシミができたか」が分かればピッタリの改善策が見つけられる!

 

シミの種類や範囲、原因や肌のタイプによって最善のケアが変わってきます。
理想の対策を手に入れるために、まずはメカニズムを理解しておかなければなりません。
下記の図はシミができるまでの過程を表しています。

 

シミは「作り出す要因」と「肌に残す要因」の二段階で作られます。
どちらか一方でも解消されれば、シミはできにくくなります。 

 

「作り出す要因」

紫外線や加齢によるDNAの損傷が蓄積したメラノサイトがメラニン色素の異常産生を引き起こし、これがシミの本体となります。






「肌に残す要因」

「作り出す要因」に対して「肌に残す要因」は、体調不良やホルモンバランスの乱れ、精神的ストレスなどにより、ターンオーバーが乱れることにより発生します。

 

 

このメカニズムから、シミを改善するためのアプローチとして、メラニン色素を作らないようにする方法と、ターンオーバーを促す方法がわかると思います。

 

 

また、それぞれの予防策としてコスメやサプリメントによる栄養の補給があります。

 

ただし、ホルモンバランスの乱れや体調不良などの要因がそれぞれどの程度関与しているかについて分析が難しいとされています。

 

学術的な根拠(エビデンス)をベースにした、より確かなシミ対策を行うために、メラニン色素の産生に対する対処法が重要となります。

 

 

シミができるメカニズムについて

 

シミの本体となるメラニン色素は、メラノサイトが紫外線や老化(体内で作られた過酸化物)により刺激を受けることで作られます。

 

シミの名称は部位や形状で変化しますが、基本的なメカニズムに大きな差はありません。

 

肝斑は女性が圧倒的に多いため、女性ホルモンの乱れが大きく関わっていると考えられています。

 

ハイドロキノンの副作用  シミ対策に知るべき事 ハイドロキノンの濃度について

 

まだあったシミの原因 紫外線防御と美白