抗酸化食品も積極的に食べましょう。

MENU

抗酸化食品も積極的に食べましょう。

紫外線が生み出す活性酸素を除去したり、肌の老化を防ぐことを抗酸化作用と言います。

 

抗酸化作用のあるビタミン類や、ポリフェノールなどを抗酸化物質と言います。抗酸化物質を含む食べ物を食事に取り入れて錆びない身体作りを心がけましょう。

 

シミの種類

シミの種類を知って対策をしましょう。
一般的にシミとは、肌の上に、正常な肌色とは別のもの。おもに茶色か黒色の物を読んでいます。
それらを医学的に分けると6種類に分類できます。シミの種類により、美白成分が効かないものもあります。

 

美白成分が効くのは、老人性色素斑(初期のもの) 、炎症性色素沈着 、 肝斑です。
老人性色素斑は、シミと言われるものの中でいちばん多いです。

 

紫外線の影響で出来るものです。炎症性色素沈着は、ニキビ痕や、傷痕などが茶色くなったものです。
肝斑は女性ホルモンのバランスがくずれた時に出来るといわれています。妊娠中やピルを服用した時、更年期の人によく見られます。

 

その他に、脂漏性角化症、雀卵斑(ソバカス)、花弁状色素斑があります。
これらは美白成分の効果が弱くレーザー治療でないと、とれないといわれています。






しかし、食べ物や、サプリメントで栄養をしっかり取り入れて肌の新陳代謝を促進する事で効果がある事が分かってきています。

 

肌は夜作られる

食事よりスキンケアより肌に、関係しているのは睡眠時間です。私たちの身体は寝ている間に細胞を入れ換えたり、傷んだ細胞を修復したりしています。

 

特に夜10時から深夜2時までにしています。
ですから、この時間起きていると新陳代謝が出来ません。

 

夜勤や夜更かしが続くと、肌は再生しないから、くすんできて肌あれをおこします。
最低6時間の睡眠が肌には必要です。

 

睡眠のはじめの約3時間以内に成長ホルモンが分泌され、それによって、肌の奥で細胞分裂が起こります。

 

最低でも6時間はかかりますから、6時間を切ると、誰でも肌荒れしやすくなります。

 

肌の再生は毎日していますから、規則正しい睡眠が大切です。また、部屋の電気を消して暗くして眠ることもホルモンの分泌には大切です。